いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日

0

    JUGEMテーマ:趣味


    「いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」という絵本。

    いのちをいただく

    3〜4年位前に中学校で働いていたときに、
    学校用に購入して、あまりに良いので、事務室でおすすめして、
    みんなまわし読みしだして、全員泣いて、事務室が異様な光景になるという、ね。

    当時、1年生だった娘への読み聞かせをしながら、
    泣いてしまうという、ね。
    娘も涙してしまって、結局2人で泣いてたし。

    中学校の仲良しの先生も、感涙。
    自宅に持ち帰り、息子さん(娘と同級生)に読み聞かせて、
    こちらも親子で泣いたらしい。
    その後、「生徒たちにきかせたい!」と、授業でも使ってくれて、
    職員室でも流行らせて、涙のリレーとなったらしいです。

    ずっと手元に置いておきたい、とても素敵な絵本なので、
    自分でも購入して、自宅の永久保存版本棚に並べています。
    因みに、作者の内田美智子さんは、娘が生まれた産院の院長夫人です。


    そして、このたび、今の勤務先の小学校にも購入。
    紙芝居も出版されたので、紙芝居も購入。



    普段は読み聞かせをしない私だけど、
    来年度、読み聞かせをしたいと思っています。

    いきなりいなくなった

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般


      だめ男が、春分の日に引き続き、今日も相変わらずの最低っぷりを発揮してくれました。

      今日は、娘を遊びに連れて行くと約束をしていました。
      なのに、8時頃、いきなり姿が消えました。
      「行ってきます。」も言わずに!!!

      連絡をしたら、
      「パパに車に乗るように言われて、会社に連れてこられた・・・」
      とのこと。

      帰ってきてもちろん、私に叱られたのだが、
      娘には断る選択肢がなかったらしい。
      遊びに行く約束を破って、仕事に連れて行くことが
      私にばれると、怒られて面倒だから黙って連れ出したらしい。
      結果、怒るに決まってるのに。更に怒るのに。
      それをわかっていても、そばしのぎで平気でやってのける最低さ。

      前も仕事場に連れて行って、ほったらかしにして、
      怖い思いさせて泣かせて、娘も休みの日にパパの仕事場で過ごすのはイヤと言い、
      「もう2度と連れて行って待たせたりしない。」と約束したのに、
      それも平気で破る!
      本気で別れたい。



      娘は一昨日が修了式だったのに、上靴も帰ってきて上靴袋に入れたまま玄関にほったらかしで、
      手紙や作品も出さずに、袋に入れっぱなしで放置、
      通知表さえ出さない。

      もう、ぶち切れ。
      ぶち切れ通り越した。

      ほんと、精神的にもたない。
      アホ男とはやっていくつもりないけど、娘も育てていく自信がない。
      春休みも遊んでやる予定をたてていたけど、
      「そんなに好き勝手やるなら、春休みの予定も全部キャンセル!
      私だって好き勝手やる!!」と宣言。
      大好きな言葉、「無理」を連発して、ワタワタしてる。
      情けない。

      春休みは仕事を有給休暇使って休んででも、毎日子どもをみさせることにした。
      予定を最低1ヶ月以上前に申告するように言っているのに、
      それもしないし。私だって仕事のスケジュール考えて、
      休み申請しないといけないのに、アホ男は私に子ども丸投げで1日も子どもをみるつもりなし。
      職場の集まりにだっていけない。

      まあ、春休みも能力がなくてみきらんし、見る気もないだろうから、
      佐賀の母親に預けると思われる。
      最低男だ・・・

      これからのことをどうするか、アホ男と娘がいない間に考えよう。

      花珠

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般


        一昨日、春分の日のこと。

        朝起きて、下に降りていったら、娘も起きてきた。
        「パパはさっき、仕事にいきました。
        ”電話でよびだされた。”って言っていました。」と報告を受けた。

        ・・・
        相変わらずの最低っぷり。
        娘を遊びに連れて行くっていいよったやん!
        いつも裏切られ、娘は泣くことさえしなくなりました。
        本当に、いなかったらいいのに。
        どこで何してんだか!子どもを傷つけるな!

        むしゃくしゃしていたら、小包みが届きました。

        オーダーしていた真珠のネックレスです。ピアスもセットで。
        そうです。今年の我慢記念日の我慢ご褒美の品です。

        花珠

        真珠の大きさですっごく迷ったけど。
        冠婚葬祭に使うことを考えたら、ボリューム満点なのはちょっと。。。
        なので、7-7.5mmを選択。小柄だしね。
        その代わり、グレードは高いのにした。

        あこや本真珠の中でもハイレベルの花珠です。
        花珠の中でもSクラス。
        最高ランク、エクセレントではないけど上から2番目ってことで。
        巻きの違いで照りの違いはないし。

        鑑定書の、照り:「最強」が最強w

        今まで使っていたパールのネックレスとは全然違う。
        今まで使っていたのは娘に譲ってあげよう。

        長さを少し短い40cmしてもらって、オールノット加工をしてもらって、
        加工して余った9珠のうち5珠を使って、5珠ネックレスまで作ってもらっちゃった。

        花珠2

        更に、経年変化による品質低下防止のためのマイクロパーマネント加工をしてもらったし、
        時間がかかりました。
        我慢記念日から1ヶ月以上経って、手元に来た。


         



        カラーはホワイトピンクにして、クラスプデザインを選んで、
        ケースはパールキーパー(青)を指定して・・・
        って、かなり悩んで時間を掛けて選んだ甲斐あって気に入った。

        これで気が済んだわけじゃないけど、ちょっとスカッとしました。

        チアダンス 卒業

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般


          5歳にの春にチアダンスを習い初めて5年。
          先日、3/17に娘はチアを辞めました。
          3月で今のクラスを卒業して、5年生からは1つ上のクラスにいくというタイミングで。
          ちょうどよかったのかなって思う。

          本人から、”4年生で辞めたい”、”4年生が終わるまでは頑張って続けるから”って
          冬に申し出てきたんだよね。
          全国大会出場をさせる鬼コーチなのに、泣き言いわずによくレッスン頑張った。
          自分で決めたことだから、反対はしませんでした。

          チアは好きだけど、今後、競技としてやっていくつもりはないし、
          散々踊ったし、思い残すことはないらしい。
          土日もつぶれるし、自由な時間がほしかったみたい。

           



          「3月の送り迎えはよろしくおねがいします。
          最後の日はママに来てほしいです。」って1月からお願いされていたから、
          そのつもりで予定を組んでいた。

          なのに・・・

          当日、いきなり、
          「パパとお買い物に行って、そのままダンスに行ってきます。」と言われた。
          はい???絶句・・・

          許さん、絶対に許さん。
          節目だし、色々、思い出になるようなことしてあげようと考えていたのに。
          「帰ってくるな!」と締め出してやりました。

          翌日、朝一で謝ってくるかと思いきや、
          また、2人で出掛けていった。
          この日は子ども会のお別れ会で、バスでボーリングと食事にいくことになっていて、
          これも私と出掛ける約束をしていたのに・・・

          どうせ、最低男が自分が行きたいからってなんか吹き込んだに違いないだろうけど、
          結局、相談もせずに決断したのは娘だから同罪。
          腹立たしいし、情けない。
          人との約束を平気で破るようになってはいけないと、躾てきたつもりなのに。

          私が完無視で、何もしてあげないでいるから、
          「ママが何か怒っとう・・・」とか逆鱗に触れるような会話をしていた2匹。
          謝りに来たのは、事件発生から3日後。
          しかも、「謝りに行こうや。」と言い出したのは娘。

          謝っても許すわけないやん!
          信用できないから、この先の約束は全部キャンセル、
          今後の約束もしないというペナルティー。
          春休みは最低男の責任で子守押しつけた。
          仕事があるとかなんとか言いよったけど、しらん。
          ろくに家におらんくせに、自分が参加したい行事のときだけ、
          いきなり現れる、いやなやつ。
          有給休暇全部使うなり、シッターさん雇うなりしたら?

          こうして、楽しい思い出になるはずだった日々がなくなっていくのです・・・
          いなくなってほしい。

          バラバラ

          0

            JUGEMテーマ:家庭


            相変わらずの家庭内別居中。
            言うことをきかない娘はあっち側に行っているから、今日の夕飯は1人。

            魚も摂らなきゃと、
            サンマの蒲焼き丼を作ってみる。
            +水餃子の野菜たっぷりスープ。
            1人だからたくさん品数作りたくない。
            デザートにモンブランでしゅーりょー。

            和・中・洋 バラバラ汗
            家庭内もバラバラ。

            せっかくの有給休暇の日に何やってんだろう。
            勤務先から持って帰ってきた靴とエプロンを洗って、
            お風呂、リビング、ダイニング、ベッドルーム、ファミリールームに個室掃除。
            シーツも全部洗って、寝具も全部掃除機掛け。
            気付けば今日は外にも出ずに、掃除・洗濯ばっかり。
            心も掃除・洗濯できたらいいのに。


            H29年度仕事納め

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般


              卒業式の翌日、
              綾瀬はるかに対抗して(できてないけど(..;))、パールのゴールドのピアスをして、
              いつもより気合い入ったファッションで出勤。

              すると、特別支援クラスにいた卒業生からの
              プレゼントを預かっているからと渡された。

              ありがとうの品 2

              ああ、あの子だ。私になついててくれたから。
              特別支援クラスの児童。

              ありがとうの品 3

              クリップにきれいにデコってくれてた。

              ちょっぴり胸が痛んだ。
              もっとかわいがってあげたら良かったなって。
              好いてくれてるのは嬉しいんだけど、構ってオーラ全開で、
              寄ってきて、構ったらずっとべったりだから・・・

              ちょっと冷たくあしらった時もあったりして。
              限られた時間で、この子だけに構っていられないんだよね。
              自分の作業とか、委員の指導とか。
              でもやっぱり、心の狭さを実感・・・
              来年度に生かそう。

              Mちゃんにもらったクリップは、大切に職場で使おう。
              たぶん、その辺で会う機会があると思うし、
              そのときにちゃんとお礼を言おう。

               



              そして、この日、本年度の仕事納め。
              児童の修了式前に一足お先でーす。
              有給休暇当ててます。

              校長先生に挨拶をして、有意義なお話を聞かせていただいて、
              白木蓮やチューリップのつぼみを見て春を感じながら帰宅。
              来年度もしっかり、目標を立てて、もっと充実した図書室作りをしよう!

              「考えたことない人はいないよ」

              0

                JUGEMテーマ:恋愛/結婚


                多分、こんな言葉だった。

                まだまだお子ちゃまだった、22歳の頃。
                仕事終わりに飲みに行って、同期のTMMが職場のY先輩に聞いたんだ。
                「離婚って考えたことありますか?」って。

                いきなりそんなこと聞くことにびっくりしたけどさ。
                先輩の、この(↑のタイトル)切り返しに更にびっくりした。
                ”はぁー、そんなこと聞くなんてまだまだだねぇ”ってな感じで。

                その先輩、5歳くらい年上だったかな。
                仕事も出来て、いつもスーツも髪型も決まってて、
                けっこう格好良い先輩で、小さなお子さんが1人いた。
                ボルボ乗り回してたな。

                「えっ、ラブラブじゃないんですか?」みたいな私達に、
                ”わかってないなぁ、結婚に夢見すぎ”みたいな話をされた。
                要するに、結婚後、離婚について考えることは誰しもあるし、
                それは普通のことだということだった。
                元々、結婚願望もない私は、そのときは全然わかんなかった。



                そして、3年経ち私も結婚し、今じゃ、先輩の言葉がわかるっていうか
                わかりすぎる。わからないままでいたかったな。
                離婚、考えたことない既婚者だっていると思うんだけどね。

                そんな日が来るなんて思わなかった。考えるようになる日が…
                思わなかったから結婚したんだけど。
                ”離婚するつもりで結婚する人はいないでしょ。”っていうもんね。
                中には、いるかもしれないけどね、離婚想定済み特殊ケースが。

                毎日考えてる、今も考えてる、考えてないときなんてない。
                頭の片隅にいつもある。
                ”結婚ってタイミングだよ。”っていうよね。
                離婚はもっとタイミングが大事なんだよ。
                だから、それがいつなのかってすごく難しいね。

                トモエ学園

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  3/15、今年度最後の木曜出勤。
                  大好きな1-3の子ども達との最後の授業。

                  「来週で、先生と最後ですよね?」と聞かれ、
                  来週は有給休暇をあてているから、この日で最後になることを話すと、
                  なんと、歌のプレゼントがありました!

                  福山雅治さんの「トモエ学園」。
                  1年生には難しい歌だろうに、上手に歌ってくれました。



                  プライベートがボロボロなだけに、
                  心にしみいるものがありました。
                  とても温かい気持ちになり、帰りました。
                  ありがとう、1-3のみんなとO先生。

                  ラチとらいおん

                  0

                    JUGEMテーマ:趣味


                    最初に読んだのは、娘が幼児だったとき。
                    一度読んで気に入って、手元に置いておきたいなと思った本。

                    なのに、買っていなくて。
                    未だに欲しいから、買っちゃいました、「ラチとらいおん」。
                    ラチとらいおん

                    弱虫の男の子が、ラチに勇気をもらいながら、強くなっていくお話。
                    出版は1965年。今も絶版になっていないということからも、
                    語り継がれるべき良書であるとわかります。




                    2017年の寄付

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      家計からもふるさと納税って形では寄付しているけれど。

                      毎年、どこかの団体へ寄付しています。
                      自分の稼いだお金から。
                      毎月できたらいいんだけど。

                      でも、実は、昨年していない。
                      『ガネーシャに叱られちゃうよ。』
                      ってことで、遅ればせながら寄付。



                      ユニセフとか日本赤十字とか色々迷ったけど、
                      そういうところはたくさん集まってるよね。
                      また、「拉致被害者の会」に寄付してもよかったんだけど、
                      「日本アイバンク協会」を選びました。

                      「コードブルー」や「コウノドリ」等、医療系ドラマの影響ですかね。
                      臓器提供について考えたりしたから。

                      今年の分は今年の分で、年末までに別にやるつもりでいます。

                      | 1/18PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      ☆1500円以上で送料無料☆

                      凜華ちゃんの成長グラフ

                      凜華のお歳

                      script*KT*

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM